『医龍』をやっと読破!

漫画は結構好きで友人から進められたり人気なのを結構読んでいる

『医龍』は結構前から気になっていて読もう読もうと思いつつなかなか手が出せないでいた

医療物は結構好きで読んでいるけれど私の中でのはずれが多くて購入してから失敗だったら悲しいからだ

でもコレは正解だったヾ(〃^∇^)ノ

レビューでもあるように~腐った組織にメスを!! 生命の救世主・朝田龍太郎が、日本医療に革命を起こす!! かつてないメディカルドラマが今、ここに…!!

引き込まれます!一気に10巻まで読破しました(笑)

大学病院の持つ閉鎖性や問題などが浮かびあがらせたうえで魅力的な登場人物と物語を展開させ 迫力と面白さを如実に表している最高の漫画である

σ(・_・)も小さい頃から大学病院にお世話になっているし研修医の人に診て貰ったりもしたし教授の回診とかもいっぱいあった(笑)漫画の通りぞろぞろたくさん医者が来たし実際に論文?かなにかのデータの為の検査みたいなのもやられてた記憶がある

小さい頃からいるから研修医だった先生が一人前の医者になって(麻酔科の先生になってた)私が大きくなってから「久しぶり!」って声掛けてくれたこともあったかなあ

あんなどろどろの世界があったかどうかは知らないけれど・・・

4月からドラマ化と聞いたがキャストが不安だけど一度見てみようかな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)